16S MetaVx™メタゲノミクスシーケンシング


16S MetaVx™メタゲノミクスシーケンシングは、当社が独自に開発した特許出願中の次世代シーケンシングアッセイです。感度と特異性が強化されており、16S rRNA遺伝子の超可変領域のメタゲノミクスアッセイ能力が向上しています。16S MetaVx™は一般的に用いられている16Sメタゲノミクスアッセイよりも多くの細菌属や古細菌属を検出でき、検出の下限値も低くなっています。

GENEWIZは最新改良版である16S MetaVx™ 2.0も開発しました。このバージョンにはQIIME(微生物生態学への定量的洞察の適用)ソフトウェアパッケージを用いた、拡張バイオインフォマティクス解析レポート機能が組み込まれています。これにより、微生物群の構成に対して定性的・定量的な解析をより効果的に行えるようになります。


見積の依頼
  


多様な一体型プライマー配列によって調節DNAのスパイクインが不要となるため、データをすべて実験サンプルに回すことが可能


優れた費用対効果と短い納期

技術的詳細

レポートの例:16S MetaVx™ 2.0拡張メタゲノミクスバイオインフォマティクス解析

改良されたバイオインフォマティクス解析とレポート機能を搭載したMetaVx™ 2.0が新たに追加されたことで、微生物叢の多様性と構成に関する業界トップクラスの解析が実現します。この改良レポートでは系統樹とグラフの作成から余分な要素が取り除かれることで、データをより迅速に解析できるようになります。以下のボタンをクリックすれば、レポートの例をご覧になれます。

改良レポートには以下の情報が記載されます。

  • 相対優占度曲線
  • 分類学的分類
  • 希薄化曲線
  • 主座標解析
  • 階層クラスタリング
今すぐダウンロード

事例研究:GENEWIZ 16S MetaVx™メタゲノミクスシーケンシング vs 従来の16S V4シーケンシングアプローチ

同一サンプルのV4領域をシーケンシングする能力を、16S MetaVx™ Environmentalと一般的に用いられている次世代16S rRNAアンプリコンシーケンシング技法とで比較しました。同一の条件のもとで実験が実施されるよう、双方のサンプルとも同一のランでシーケンシングされました。シーケンシング後、データはサンプルあたり平均100万リードで正規化されました。

今すぐダウンロード

関連サービス

次世代シークエンシングプラットフォーム

GENEWIZは、Illumina認定のサービスプロバイダーです。IlluminaのNovaSeq/HiSeqシリーズに加えて、10X GenomicsのChromium Controller、PacBioのSequelを使用したサービスもご提供しています。詳細は次世代シークエンシングプラットフォームのページをご覧ください>