がん研究

ゲノム技術の発達は、がん研究の取り組みの一環として生成されるゲノムデータの深さ、幅、カバレッジに大きな影響を及ぼしました。ゲノムを用いたがん研究のアプローチは、がんのメカニズムの解明、治療標的探索の促進、バイオマーカー探索の強化、臨床試験における患者の層別化に応用できます。

Building

がん研究の分野におけるゲノミクス

がんの研究者は、全ゲノム、エクソーム、標的アンプリコンを伴う次世代シーケンシングアプローチを用いることで、がんに関連した突然変異や他のバイオマーカーを特性化することができます。

臨床試験研究者は、次世代シーケンシングがんパネルを用いて、患者集団内の既知のがんバイオマーカーを同定することで、試験中の療法に対する感度が高まっている集団のサブセットを正確に識別することができます。

合成生物学者は、標的遺伝子に存在するヌクレオチド/アミノ酸レベルの変異について調べることで、腫瘍形成におけるタンパク質の機能についての理解を深めています。

用途


GENEWIZは、がんの研究・探索のさまざまな段階を支援する数々のゲノムソリューションを提供しています。


  • Building

    OncoGxOne™


    GENEWIZが独自に開発したがんパネルでは、既知のがん関連遺伝子の突然変異を特性化する作業において、大規模並列アプローチを採用することができます。OncoGxOneパネルは現在、19種類のがんに対して利用できます。MiSeqおよびHiSeq技術を活用した高い感度と短い納期を特徴とする当社のOncoGxOneサービスでは、それぞれのがんの種類に特異的な、既知のがん関連遺伝子内で生じる突然変異をすばやく包括的に分類することが可能です。

    詳細を表示

     

     

     

  • Building

    サンガーシーケンシング


    当社はがん研究者の基本的なツールキットニーズを満たせるような、幅広いサンガーシーケンシングオプションを用意しています。PCRの精製から直接的コロニーシーケンシングまで、GENEWIZは高品質のデータを短い納期で提供することで、がん関連のシーケンスを確認する作業を促進いたします。

    詳細を表示




  • Building

    人工遺伝子合成

    遺伝子合成サービスにより、がん研究において、ゲノム変異が細胞機能のメカニズムに及ぼす影響を特性化することが可能となります。遺伝子合成は、ヌクレオチド / アミノ酸レベルの変異が、がんのメカニズムに及ぼす影響をインビトロで調査する際に用いる構造体をすばやく生成するための、分子クローニングに代わる手段となっています。

    詳細を表示