合成DNAライブラリー

発見生物学、タンパク質工学、構造生物学、遺伝子発現などの研究分野に携わる科学者の方々には、幅広いライブラリーの種類と優れた顧客サービスを特徴とする、GENEWIZの合成DNAライブラリーサービスをご利用いただいています。わずか11日という短いプロジェクト納期と魅力的な価格も含め、GENEWIZのお客様にはなぜ一流の研究施設のリピーターが多いか、ぜひご自身でご体験ください。
Building

バリアント突然変異誘発ライブラリー

バリアント / 突然変異体のコレクションを構築される際には、GENEWIZのバリアント合成サービスをご利用になることで時間とコストを節約できます。構造体をひとつのプロジェクトにまとめることで、遺伝子合成費用を50%も削減できます。野生型配列と定義済みの突然変異をご提供いただければ、わずか11営業日でバリアントのコレクションをお届けします。

バリアント合成

バリアント合成とは、遺伝子合成プロジェクトの中で、親(野生型)と当該配列のバリアントの双方が含まれるプロジェクトを指します。当社では、初回プロジェクトの納入後に、同配列を持つ他のバリアントを合成する必要のあるプロジェクトに対して、バリアント合成後サービスも提供しております。



バリアント突然変異誘発ライブラリー



    納品物

  • 最大で10 μgの凍結乾燥プラスミド
  • 個別のバリアント(100%配列検証済み)
  • 解析証明書(COA)(制限分解を含む)
  • 配列検証情報

    バリアントの定義

  • (親配列と相対的に見て)24 bp以内に変化または単一の欠損が発生
  • (親配列と相対的に見て)片方または両方の末端の24 bp以内に変化が発生
  • 親配列の片方または両方の末端に切り詰めが(末端から24 bp以内に)発生

    バリアント合成の利点

  • 標準的な遺伝子合成と比較して費用を50%も削減
  • 全バリアントに対して無料でクローニングを実施
  • わずか11営業日の短い納期

バリアント合成と抗体探索

ファージディスプレイ技術は抗体探索に革命をもたらしました。この技術により、治療抗体に基づいた新薬の開発、ならびに標的薬剤の送達に用いる抗体の開発が加速しています。またファージディスプレイアプローチは、低分子医薬の探索、そしてタンパク質工学における幅広い問題を解決するために応用されています。

バリアント合成は、プロジェクトにおける広範な候補物質をすばやく柔軟に、かつ費用効果的に合成するための手段となります。従来の部位特異的突然変異誘発の代用とされるバリアント合成により、配列設計と最適化プロセスを完全にコントロールできるようになります。

Building

注文方法

*同日サービスをご利用になる場合、東部標準時(EST)の午前10時までにサンプルがGENEWIZニュージャージー研究所に届く必要があります。直接的シーケンシングテンプレートについては、同日サービスはご利用になれません。


電子メール | 電話(048-483-4980)