合成生物学

合成生物学の分野では、分子生物学と工学の原理をこれまでにない方法で組み合わせることで、便利な生物系ソリューションを設計、構築、検査、作成することが可能です。生物学的に作成されたソリューションにより、エネルギーの生成、疾患の治療、化学物質の設計、食品の生産のあり方が改善されます。

Building

合成生物学における研究

バイオ燃料研究においては、クリーンで持続可能かつ効率的な代替エネルギーを生み出す取り組みとして、合成生物学を応用した代謝経路の開発と有機体の最適化が進められています。

合成生物学の分野では、ワクチン、遺伝子療法、タンパク質薬剤、細胞療法をいかして、ヒトの健康を推進するソリューションを生み出すことができます。

タンパク質工学によって酵素を強化することで、大規模な化学薬品製造において活量と収率を高めることができます。
合成生物学の分野では、遺伝子工学技術をいかして、世界的な人口の増加や気候パターンの変化に起因する、将来的な食糧安全保障に対する懸念に対処するための代替策を生みだすことができます。

用途


GENEWIZは遺伝子合成ソリューションに加え、研究のさまざまな段階を支援するための他のゲノムソリューションを数多く提供しています。


  • Building

    合成DNAライブラリー

    合成DNAライブラリーの分野では、指向進化研究を介して、機能が追加または改良されたタンパク質 / 酵素を生成する大きな機会がもたらされます。

    詳細を表示


  • Building

    人工遺伝子合成

    遺伝子合成により、該当する下流用途における標的シーケンスの設計・合成を高い柔軟性をもって行えます。

    詳細を表示





  • Building

    標的リシーケンシング

    当社のカスタムNGSベース標的リシーケンシングパネルでは、合成生物学の研究において、点変異、挿入欠失、関心のある遺伝子の再構成用の構造体を解析できるようになります。

    詳細を表示