感染症

感染症は世界中で今も根強く残っている問題です。研究者は、常に進化を続ける病原体に対応し、薬剤耐性、免疫回避、毒性の決定因子を解明する必要に迫られています。研究の焦点がワクチン開発、抗生物質耐性、エマージングウイルス、免疫回避のいずれであっても、GENEWIZは研究目標の到達を加速させるような、あらゆるゲノムサービスをご提供します。

Building

感染症の分野におけるゲノミクス



感染症研究者は次世代シーケンシングを活用して、新種のウイルスの発見、宿主病原体相互作用の観察、病原体進化の研究、そして薬物耐性遺伝型が発生しやすい部位の予測を行っています。
ワクチン研究者は遺伝子合成を活用することで、ウイルスタンパク質のDNAコンストラクトをすばやく正確に取得し、突然変異が毒性と病原性にもたらす影響について検査することができます。また遺伝子合成は、DNAワクチン研究、または感染症に対する遺伝子治療に用いられる複雑なコンストラクトを作成するためのソリューションにもなります。

感染症の研究者は次世代シーケンシングを使用することで、腫瘍および慢性疾患にウイルス感染が関与していないかを調べたり、感染症において宿主マイクロバイオームが果たす役割について研究したりできます。

用途


GENEWIZは、感染症の研究におけるさまざまな段階を支援するための数々のゲノムソリューションを提供しています。


  • Building

    RNA-Seq

    当社のRNAシーケンシングソリューションの完全サービスでは、ウイルスRNAゲノムを包括的に解析することで、新たな遺伝子型を解明したり、未知の突然変異や遺伝子を発見したりできます。

    詳細を表示






  • Building

    人工遺伝子合成

    GENEWIZ遺伝子合成は、ウイルスタンパク質を正確に生成し、突然変異が毒性と病原性にもたらす効果について効率的に研究できるような、クローニングに代わる迅速なソリューションとなります。

    詳細を表示




  • Building

    外来病原体汚染検査

    当社の外来病原体汚染検査サービスでは、バイオセーフティの監視において高感度のNGS手法を用いるため、ワクチンや細胞バンクといった生物製剤の安全性(DNA / RNAベース汚染が存在しないこと)が保証されます。

    詳細を表示



  • Building

    MetaVx™

    GENEWIZが独自に開発した16Sメタゲノミクスソリューションは、感染症において宿主マイクロバイオームが果たす役割について研究している科学者にとって強力なツールとなります。

    詳細を表示