抗体探索と免疫学

創薬と免疫学に携わっている研究者が、より効果的な抗体の設計・製造を目指している中、抗体探索は極めて重要な役割を担っています。自然的な結合親和性と特異性を持つ抗体は、抗体ベースの薬物設計、標的抗原のスクリーニングと検出、そして他の生物医学 / 研究上の用途など、さまざまな分野で応用できるようになりました。

Building

抗体探索および免疫学の分野におけるゲノミクス

モノクローナル抗体(mAbs)はその特異性と有効性の高さから、急速に成長している治療薬の分野です。現在、FDAの認可を受けた45種類を超えるMAbが市場に出回っています。

組み換え抗体を合成的に作成すれば、その免疫原性を抑えつつ、特異性と親和性を向上させることができるため、安全性と効率の向上につながります。

抗体ベースのアッセイは、基礎研究、ならびに標的の存在を示す抗原 / 低分子の検出を目的とした実験室診断検査において広く用いられています。

合成抗体ライブラリーでは、自然抗体よりも質の高いヒト化抗体をかつてない柔軟性をもって設計、検査、生成できます。

免疫療法という分野の登場と成長を受け、免疫反応を疾患の予防・治療へと応用する方法についての研究が続けられています。抗体は、免疫療法において主に用いられている要素のひとつです。

用途

GENEWIZは、お客様の抗体探索研究を支援するための、ゲノム / 合成サービスを提供しています。


  • Building

    合成DNA
    ライブラリー

    合成抗体ライブラリーでは、カスタム抗体を作成するための幅広い種類のライブラリーが提供されています。GENEWIZの合成DNAライブラリーサービスは、短い納期、競争力のある価格、そして優れた顧客サービスが特徴です。

    詳細を表示


  • Building

    FuzeSeq™抗体
    シーケンシング

    ファージディスプレイ抗体ライブラリーのスクリーニングを目的とした、当社独自の次世代シーケンシング手法では、VH/VLペアの鎖が解析されることで、多様なライブラリーの中から「ベストヒット」を特定できます。

    詳細を表示




  • Building

    GLP順守の確証的サンガーシーケンシング

    GLP順守の当社のサンガーシーケンシングでは、モノクローナル抗体生産細胞株の重鎖・軽鎖シーケンスを同定することで、FDA規制対象となる細胞バンクのリリース検査を促進します。

    詳細を表示

  • Building

    プラスミドDNA
    調製

    基礎研究またはGLP順守の研究のニーズを満たせるような、抗体発現ベクター向けの拡張可能プラスミドDNAを調製できます。

    詳細を表示