16S MetaVx™メタゲノミクスシーケンシング


16S MetaVx™メタゲノミクスシーケンシングは、当社が独自に開発した特許出願中の次世代シーケンシングアッセイです。感度と特異性が強化されており、16S rRNA遺伝子の超可変領域のメタゲノミクスアッセイ能力が向上しています。16S MetaVx™は一般的に用いられている16Sメタゲノミクスアッセイよりも多くの細菌属や古細菌属を検出でき、検出の下限値も低くなっています。

GENEWIZは最新改良版である16S MetaVx™ 2.0も開発しました。このバージョンにはQIIME(微生物生態学への定量的洞察の適用)ソフトウェアパッケージを用いた、拡張バイオインフォマティクス解析レポート機能が組み込まれています。これにより、微生物群の構成に対して定性的・定量的な解析をより効果的に行えるようになります。


見積のリクエスト
  

サービスオプション

  • 16S MetaVx™ Environmental

    16S MetaVx™ Environmentalは、2つのアンプリコン(一方はV3/V4領域用、もう一方はV4/V5領域用)内で、16S遺伝子のV3、V4、V5超可変領域を解析します。このサービスは、真核生物による汚染がないとされている環境サンプルのアッセイを行うことを目的に提供されています。

  • 16S MetaVx™ Mammalian

    16S MetaVx™ Mammalianは、単一のアンプリコン内に存在する、16S遺伝子のV3およびV4超可変領域を解析します。このアッセイは、真核生物による汚染が疑われるサンプルに用いられます。真核性18S遺伝子との高度な相同性を持つV5領域は取り除かれます。

特徴と利点



幅広い種にわたってプライマーがハイブリッド化されることで感度が向上しており、これによって異種サンプル内の希少な種個体群の検出が促進されます


分類バイアスが低減することで、それぞれの種の相対存在量についてより正確に示すことが可能


多様な一体型プライマー配列によって調節DNAのスパイクインが不要となるため、データをすべて実験サンプルに回すことが可能


優れた費用対効果と短い納期


経験豊富なGENEWIZの科学者が専任でサポートを提供


実験計画法からバイオインフォマティクスに至るまでの完全なソリューション

16S MetaVx™シーケンシングのワークフロー

プロセスの各ステップ終了時に、広範囲にわたる品質管理を実施いたします
  • Building

    実験計画法


    1
  • arrow
  • ターゲットの増幅とライブラリーの調製

    2
  • arrow
  • Building

    シーケンシング


    3
  • arrow
  • 微生物の特性化

    4

サンプル提出ガイドライン

GENEWIZはメタゲノミクスプロジェクトにおいて、多様な出発物質をお引き受けしています。サンプル提出要件について詳しくは、以下をご覧ください:サンプル提出ガイドライン page.

 

納品物

いずれのお客様にも生データをFASTQファイルとしてご提出します。MetaVx2.0™では、QIIMEソフトウェアパッケージを用いた解析を通して改良レポートが提供されます。このオプションの改良レポートには、相対優占度曲線、分類学的分類、希薄化曲線、主座標解析、階層クラスタリング解析が記載されます。ご要望に応じて、各サンプルに存在する分類群とその相対優占度について詳述された、インタラクティブ分類ビューアーもご利用になれます。


NGSプラットフォーム

GENEWIZは、IlluminaおよびLife Technology NGSプラットフォームの認定サービスプロバイダーです。当社のNGSプラットフォーム、ならびにお客様のプロジェクトの推奨構成について詳しくは、以下をご覧ください:NGSプラットフォーム page. GENEWIZはシーケンシングのみのプロジェクトについては、データの出力または品質を保証いたしません。