外来病原体汚染検査

生物薬剤にDNA / RNAベースの汚染が存在していないか、ならびにその固有性を検出するためのバイオセーフティ検査において、次世代シーケンシング(NGS)が使用される機会はますます増えています。NGSを用いた汚染検査は他の手法と併用することで、外来病原体汚染、細菌汚染、生物製剤や診断アッセイの検証といった、一般的に認識されているバイオセーフティ問題に対処するための極めて感度の高いソリューションとなります。  GENEWIZでは、実験計画法やサンプル調製から高度なバイオインフォマティクス解析まで、完全な外来病原菌汚染検査ソリューションをご提供しています。


見積のリクエスト
  
Building

用途

薬剤 / ワクチンの製造中にウイルス / 細菌汚染を検出

固有性、安定性、純度を確認するための生物製剤検査

ウイルスバンク、ウイルスワクチン、細胞バンクの特性化

前臨床 / 臨床試験をサポートするためのシーケンシング

薬理ゲノミクスの検証とコンパニオン診断

安全性モニタリングプログラムのサポート

特徴と利点


あらゆる汚染を特定するための、広範囲にわたるノンターゲットアプローチ


DNAおよびRNAベース汚染の効果的な検査


カバレッジ深度と厳密性のカスタマイズにより、ほぼ無限の感度を実現


データベースの拡張に合わせ、生成データのバイオインフォマティクス解析を容易に再現できます


経験豊富な科学者が専任でサポートを提供

サンプル提出ガイドライン

GENEWIZでは外来病原体汚染検査プロジェクトにおいて、細胞培養、精製DNA、精製RNAをお引き受けしています。サンプル提出要件について詳しくは、以下をご覧ください:サンプル提出ガイドライン Page.

 

納品物

いずれのお客様にも生データをFASTQファイルとしてご提出します。ご要望に応じて、汚染の存在とその固有性について詳細に記された、カスタム式データ解析レポートもご利用になれます。


NGSプラットフォーム

GENEWIZは、IlluminaおよびLife Technology NGSプラットフォームの認定サービスプロバイダーです。当社のNGSプラットフォーム、ならびにお客様のプロジェクトの推奨構成について詳しくは、以下をご覧ください:NGSプラットフォーム page. GENEWIZはシーケンシングのみのプロジェクトについては、データの出力または品質を保証いたしません。