GENEWIZ、NJBIZによる2011ビジネス・オブ・ザ・イヤーを受賞



ニュージャージー州サウスプレインフィールド(2011年12月7日) -- DNAサービスプロバイダーの世界的大手GENEWIZは12月5日(月)の晩、NJBIZによる2011ビジネス・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。この栄誉ある賞は、ニュージャージー州の成長と発展に大きく貢献した企業およびビジネスリーダーに贈られます。 

ビジネス・オブ・ザ・イヤー賞では、以下の6つの部門で偉業を達成した受賞者が表彰されます:ビジネス・オブ・ザ・イヤー(従業員数1~50名)、ビジネス・オブ・ザ・イヤー(従業員数51~100名)、ビジネス・オブ・ザ・イヤー(従業員数101名以上)、コーポレート・シチズン・オブ・ザ・イヤー、エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー、エマージング・ビジネス・オブ・ザ・イヤー。 

GENEWIZの共同創立者のSteve Sun博士とAmy Liao博士が同社の代表として、David Schankweiler氏(Journal Publications Inc. CEO)およびThomas F. Curtin氏(NJBIZ発行人)からビジネス・オブ・ザ・イヤー(従業員数101名以上)を受け取りました。 

&「このような名誉ある賞を受け取ることができて非常に光栄です」とGENEWIZの社長兼COOを務めるAmy Liao博士はコメントしました。「顧客に価値を提供するのはもちろんのこと、従業員に成長の機会を提供することも重視している当社の姿勢をNJBIZに評価していただいたことは、大変光栄に存じます。」”

NJBIZは、GENEWIZが数々の難題を乗り越えたことについて言及し、同社の突出したイノベーション、自制心、忍耐力を称えました。Schankweilerは次のように語りました。「LiaoとSunの両博士は試行錯誤を繰り返すことで会社を段階的に築いていきました。これは価値を創造することの重要性を知ってこそできることです。」”

&「この賞は、GENEWIZの従業員による卓越した業務へのコミットメントを表しています」とGENEWIZの会長兼CEOを務めるSteve Sun博士は続けました。「豊富な専門知識と才能を持った従業員が集まる、多様性にあふれた組織を指揮するのは大きな喜びです。さらに重要なこととして、科学を発展させるという情熱、活力、興奮を日々感じ取ることができるのが何よりの刺激となります。私たちはこのような賞を受け取ることができて誇りに思いますし、これからも科学、経済、そして私たちの社会の発展に貢献してまいります。」”

GENEWIZについて

GENEWIZはグローバル開発業務受託機関(CRO)として、DNAシーケンシング、遺伝子合成、分子生物学、ゲノミクス、GxP/CLIA規制順守サービスなどの、DNAベースのサービスの提供に特化しています。GENEWIZは研究用シーケンシング、ならびに製薬会社、臨床施設、バイオテクノロジー企業、学術機関、政府機関との代行パートナーシップの分野で業界をリードしています。

GENEWIZは米国ニュージャージー州サウスプレインフィールドを本拠地とするグローバル非公開企業であり、ワシントンDC市内、ボストン、サンディエゴ、リサーチトライアングルパーク、さらには中国(北京および蘇州)およびイギリス(ロンドン)に拠点を構えています。