GENEWIZ、NJBIZによる「ニュージャージー州の急成長企業トップ50」にランクイン



ニュージャージー州サウスプレインフィールド(2013年10月2日) -- GENEWIZは、2013年版の「ニュージャージー州の急成長企業トップ50」に再度ランクインすることが判明しました。前回の  「ニュージャージー州の急成長企業トップ50」では28位に選ばれ、また2011年には「ビジネス・オブ・ザ・イヤー(従業員101名以上)」にも輝きました。ニュージャージー州の一流ビジネスニュース誌、NJBIZがプロデュースしているこのアワードプログラムは、ParenteBeard, LLCが主催し、Archer & Greiner PC、Comcast Business、Mass Mutual、M&T Bank、UnitedHealthcareがスポンサーを務めています。 

「NJBIZ急成長企業トップ50」アワードプログラムでは、ニュージャージー州の経済の成長と安定の実現に積極的に貢献している州内のダイナミックな企業が表彰されます。受賞の資格を得るには、過去3年間のうち2年にわたって最低50万ドルの収益を上げていて、2010~2012年度にかけて3年越しの増収を達成しているなど、一定の基準を満たしている必要があります。

代表主催者のParenteBeard, LLCは候補者の業績を計算し、過去3年間にわたる増収に応じて会社をランク付けしました。この際、増益額と増益率の双方が考慮されます。 

2013年11月19日(火)にニュージャージー州サマーセットのPalace At Somerset Parkで開かれる授賞式兼晩餐会では、NJBIZおよび同プログラムのスポンサーが今年の急成長企業トップ50のランキングを生で発表・表彰する予定です。受賞者は、2013年11月25日に発行されるNJBIZの特別付録でも特集されます。

「NJBIZ急成長企業トップ50」アワードプログラムについて詳しくは、以下をご覧ください www.njbiz.com/events. 

GENEWIZについて
GENEWIZはグローバル開発業務受託機関(CRO)として、DNAシーケンシング、遺伝子合成、分子生物学、ゲノミクス、バイオインフォマティクス、GxP/CLIA規制順守サービスなどの、ゲノムに特化したサービスを提供しています。GENEWIZは、製薬会社、バイオテクノロジー企業、臨床施設、学術機関、政府機関との代行パートナーシップの分野で業界をリードしています。 

米国ニュージャージー州サウスプレインフィールドを本拠地とするGENEWIZはグローバル非公開企業であり、マサチューセッツ州ボストン、ワシントンDC市内、ノースカロライナ州リサーチトライアングルパーク、カリフォルニア州サンディエゴ、カリフォルニア州サンフランシスコ、ワシントン州シアトルに拠点を展開しています。米国外の拠点の一例として、中国では蘇州と北京、英国ではロンドン、日本では東京に進出しています。